総合建設業・土壌汚染調査・環境関連の工事を関西一円を中心に、中部・北陸・四国・中国・山陰方面での施工を行っています

サイトマップ       リンク
    TOP  > 公共土木工事




  下水開削工事



@ 鋼矢板(YSP)打設状況 A鋼矢板(YSP)打設状況 B掘削・土留工

C 配管材料
HPφ2000m/m
D 配管状況
HPφ2000m/m
E現場打ちマンホール
配筋状況


 非開削工法(FFT工法)

ガラス繊維で出来たライナー(ガラスライナー)に未硬化の樹脂を含浸させた材料を老朽化した下水道管内部に導入し、蒸気で硬化させ、強度のある平滑なFRPパイプで下水道をリフォームする工法です。


■特長

耐薬品性、耐摩耗性、耐久性に優れたガラスライナーを使用し、極めて強固な複合管として更生できます。

屈曲・段差を有する種々の管種、管径に対応できます。

施工に要する設備が少なくコンパクトです。また対象管に施工車両が接近できなくても施工可能です。

更生管はほとんど管径をそこなわず、極めて平滑に仕上がりますので流量は確保できます。

▼ 施工前状況

▼ 施工後状況




@施工前 Aスリップシート引込み B樹脂含浸ライナー引込み

Cプラグ装着 D加熱硬化 E加熱・冷却調整

Fインナーフォイル除去 G完成



TOP会社概要業務実績リクルートお問い合わせリンクサイトマップ個人情報の取扱



オール電化


 
Copyright (C) 2007 株式会社 松野組. All Rights Reserved.